NPO法人 河口湖自然楽校
  • 被災されたご家族や子どもたちを無料で受け入れています
  • 受入れ状況(PDF)
  • ※キャンプフレンズの人数は記事内に掲載します
見守る里親の会が発足しました

概要と登録フォーム

2012-8-31 現在

被災地へ先端技術を備えた トレーラーハウスを!

ボランティア活動をがんばる仲間を募集しています

ご案内と応募フォーム

生きるチカラを生きる絆へ

NPO法人河口湖自然楽校は、「“絆”プロジェクト」が取り組む「スマートモービルホーム(トレーラーハウス)」を活用した被災地支援と防災活動の普及を目指す「生きるチカラRVプロジェクト」を推進します。

 

NPO法人河口湖自然楽校(楽校長清水国明)では、2011年の震災直後より「生きるチカラ」をテーマに様々な「東日本大震災」の被災地支援活動に取り組んでまいりました。


その間、被災地の状況の変化に伴い、支援活動も「救済」から「復興」にステージが推移し、さらに時間の経過と共に被災地への関心自体が風化しつつある様です。

 

しかしながら被災地の現状を考えるとき、被災地への支援活動はこれからが正念場です。実際、被災地の仮設住宅などではコミュニティの崩壊により、廃用症候群に起因するとみられる高齢者の孤独死でさえ顕在化しつつあります。

 

その様な現状を踏まえ、「河口湖自然楽校」では、スマートモービルホーム(トレーラーハウス)を活用した被災地支援と防災の仕組みを、これからの支援活動と防災活動最前線に提案する「生きるチカラRVプロジェクト」を推進します。

 

この取組みは「産総研」スマートライフケア・コンソーシアムによる「生きる絆PJ」とNPO法人河口湖自然楽校が推進する東日本大震災復興支援「生きるチカラPJ」のコラボレーションによるものです。

 

「生きるチカラRVプロジェクト」

 

NPO法人河口湖自然楽校の役割

  1. 河口湖自然楽校は、「生きる絆PJ」による気仙沼市「五右衛門が原」での復興 支援活動にモービルホーム(トレーラーハウス)を2台提供しています。
  2. 今後の取組みとして、「生きる絆PJ」を他地域での被災地支援活動と防災活動の最前線に提案、横展開を目指します。
  3. 上記ミッションを実現するため、下記の内容で「生きるチカラRVプロジェクト」専用募金口座を開設し、募金活動を展開しております。 皆様のご支援をお願い申し上げます。

⇒ 「生きるチカラRVプロジェクト」専用募金口座