NPO法人 河口湖自然楽校
  • 被災されたご家族や子どもたちを無料で受け入れています
  • 受入れ状況(PDF)
  • ※キャンプフレンズの人数は記事内に掲載します
見守る里親の会が発足しました

概要と登録フォーム

2012-8-31 現在

被災地へ先端技術を備えた トレーラーハウスを!

ボランティア活動をがんばる仲間を募集しています

ご案内と応募フォーム

前の記事 | 次の記事

「親子で楽しむ雪まつり」レポート~逆境を笑顔で吹き飛ばす!子どものチカラ~

楽しい~!

楽しい~!

先日2月23日(日)に開催されたイベントの模様をレポートいたします。 豪雪に見舞われ、孤立生活や学校休校を余儀なくされた山梨県をはじめとする各市町村は、120年ぶりの降雪量を記録し多大な被害を被ったと伝えられました。私たちの冨士河口湖町も例外なく、エリアによっては報道以上の降雪があり、この災難に往生しました。そんな中、わがNPO法人河口湖自然楽校は、多くの関係協力先と手を取り合いこのイベントの開催にこぎつけました。

JAIFAのスタッフ皆様(奥)とマリア国際幼稚園園長Ms.Maria

近所のマリア国際幼稚園、ゆめの木保育園、素和美小学校と清水国明の森と湖の楽園が主催となって会場・運営を一丸となって進め、支援物資の提供は公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会(通称:JAIFA)様より提供を頂きました。

子どもたちも、雪を盛っての富士山作りや雪上相撲、スノーペイント、親子綱引き、雪のボール投げなどこんな時でないと出来ない遊びとゲームに夢中ででした。ずっと休校続きで、久々の再会ということもあり、ハイテンションで声も高らかに森に響き渡っておりました。

snowpaint

snowball

物資もたくさん飲んで食べて、おやつのお土産も沢山頂き、本当にありがとうございました。
こんな自然の災害レベルになっても、笑顔になれたし、そんな中でもちょっぴりたくましくなってくれれば何よりではないでしょうか?

NPO法人 河口湖自然楽校   代表  阿部修治