NPO法人 河口湖自然楽校
  • 被災されたご家族や子どもたちを無料で受け入れています
  • 受入れ状況(PDF)
  • ※キャンプフレンズの人数は記事内に掲載します
見守る里親の会が発足しました

概要と登録フォーム

2012-8-31 現在

被災地へ先端技術を備えた トレーラーハウスを!

ボランティア活動をがんばる仲間を募集しています

ご案内と応募フォーム

前の記事 | 次の記事

「生きるチカラ」をありがとう!キャンプフレンズメッセージ3

河口湖自然楽校では震災から1周年の3月11日に、避難された方やボランティアとして参加された方のその後を確認し合う「キャンプフレンズの近況報告会」を開催します。ここではそれに合わせて、キャンプフレンズから寄せられたメッセージをご紹介します。

●山梨県中央市在住 Sさん

ご無沙汰しております。
その節は、大変お世話になりありがとうございました。そしてこの度はご案内をいただきありがとうございました。残念ですが、私たちは、所用があるため、欠席させていただきます。

私たちはおかげさまで元気にしております。避難仲間のママたちとも連絡を取り合い、情報交換などして助け合っています。また、継続して私たちをサポートして下さるボランティアさんもいらっしゃり、あたたかく支えていただいております。ありがとうございます。

震災直後の辛い時期に、みなさんに見守られて、思いきり遊んだ思い出は、子どもの心に確かに残っていることを実感することがあります。
貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

近況報告会の成功を陰ながら応援しております。メールにて失礼いたします。

 

●山梨県河口湖在住 Hさん

こちらに来てもうすぐ約1年が経とうとしています。
ようやく生活にも慣れてきました。4月からは、息子も保育園に通い始めます。

これからも避難者・ボランティアみんなで、声を掛け合って助け合っていけたらいいなとおもいます。

近況報告会のようなものをずっと続けていけたら嬉しいです。