NPO法人 河口湖自然楽校
  • 被災されたご家族や子どもたちを無料で受け入れています
  • 受入れ状況(PDF)
  • ※キャンプフレンズの人数は記事内に掲載します
見守る里親の会が発足しました

概要と登録フォーム

2012-8-31 現在

被災地へ先端技術を備えた トレーラーハウスを!

ボランティア活動をがんばる仲間を募集しています

ご案内と応募フォーム

前の記事 | 次の記事

「生きるチカラ」をありがとう!キャンプフレンズメッセージ2

河口湖自然楽校では震災から1周年の3月11日に、避難された方やボランティアとして参加された方のその後を確認し合う「キャンプフレンズの近況報告会」を開催します。ここではそれに合わせて、キャンプフレンズから寄せられたメッセージや近況をご紹介します。

<ボランティア・キャンプフレンズからのメッセージ>

●みきねえ(保育士)
メールありがとうございます!!了解です。
お手伝いさせていただきます!
金曜日の仕事終わりで行けますが、それで大丈夫ですか?

●アンちゃん(大学生)
楽園活動一旦終了後、広く世界に目を向け自分の出来る事を捜し歩いています。
参加直前もニューヨークに行ってますが戻ってみんなに会いにゆきます。

●けいこさん
メールありがとうございました。当日参加させて頂く予定です。息子も一緒です。
年賀状を福島から避難された方から頂きました。大変嬉しい事でした。ご一緒させて頂いた方達にお会い出来たら良いと思っています。
その頃は雪は大丈夫ですか?よろしくお願いします。
ゆうゆう2月号に自然楽校での写真掲載されました。

●パチ(保育士)
現在、京都のNPOに所属し、宮城県石巻市にて託児ボランティアサービスを継続中。
被災地の子どもたちの育成に活躍中。

●ともぴー(会社員)
地元企業に就職 とび職工として就業中。

●ヨウエツ(俳優)
独自に、ラジオや劇団員仲間と被災地訪問や情報交換・取材を行い活動継続中です。
当日は、二本松でポルトガルのツアー段取りです。

●みかちゃん(保育士)
楽園外イベントの引率やレク担当で子どものケアに力を注いでくれました。
現在、幼稚園に就職して頑張ってます。